顔の形は大きく分けて4種類ある

メガネは、自分の顔の形に合ったものを選ぶことが大切です。顔の形は、大きく分けて4種類あります。まず最初に挙げられるのが、四角型です。この形の顔は、全長が長めで顔の下半分にもボリュームがあり、直線的で綺麗な輪郭が特徴となります。次に挙げられるのが、面長型です。全長は長めですが、顔の下半分はシャープなのが特徴で、全体的にスッキリとした印象を与えてくれます。3つめに挙げられるのが、丸型です。縦よりも横の比率が高めなのが特徴で、柔らかく優しいイメージで捉えられます。最後に挙げられるのが、逆三角形型です。面長型とフェイスラインは似ていますが、より縦の比率が低めなのが特徴になります。これら4つの顔の形は、それぞれ似合うメガネが異なるのです。なので、まずは自分の顔の形がこの4つのどれに当てはまるのかを判断してみましょう。

それぞれの顔の形に似合うメガネとは?

顔の形は大きく分けて4種類あり、それぞれ似合うメガネが異なります。直線的で輪郭が綺麗な四角型の顔に似合うメガネは、レンズの小さいオーバル型、もしくはリムレス型です。顔の形が四角なので、レンズは丸く小さめのものを選ぶとスッキリとした印象になります。面長型の顔に似合うメガネは、ウェリントン型とラウンド型です。メガネの上下の幅を広く取ることで、顔全体のバランスも取れるようになります。優しい印象の丸型の顔には、四角いレンズのスクエア型がおすすめです。柔らかさの中にシャープさを加えてくれるので、メガネをかけていないときとはまた違った魅力を引き出してくれます。シャープな印象の逆三角形型の顔に似合うのは、リムレス型です。リムレス型の中でもよりレンズが小さめのものを選ぶと、自然な印象を与えられるでしょう。