周囲からどう見える?

いつでもおしゃれに気を配るのは大切なことです。そして、メガネもおしゃれの大事な要素です。しかし、ビジネスでかけるメガネはカラーやデザイン、形状に注意してください。職場でかけるメガネですから、その職場の雰囲気に合わせる必要があります。スーツ姿で仕事をしているのであれば、ダーク系のカラーで、フレームが目立ち過ぎないデザインのメガネをかけるのがマナーです。ダーク系の色で目立たないフレームだと、どれでも同じと思うかもしれませんが、できるビジネスパーソンは制限がある中でも、瞳や髪、肌の色、顔の形などに合わせた自分が素敵に見えるメガネを選んでいます。できるビジネスパーソンがメガネを選ぶときは、常に自分が周りからどう見られているかということまで意識しています。

あなたはどう見せたい?

ビジネスシーンでは、その場に合わせたメガネ選びが必要ですが、もう一つ大切なことがあります。それは、あなたの個性を演出できるメガネ選ぶことです。職場の雰囲気に合わせた上で、さらに個性を演出するのは難しいかもしれません。しかし、自分をどんなふうに見せたいのかを意識することが大切です。自己プロデュース力は社会人にとって必須の能力です。職場で信頼してもらいたいのであれば、「この人は信頼できる」という雰囲気をメガネを使って演出しましょう。メガネショップの店員や友人に、メガネをかけているときの自分の印象を確認してみるのもおすすめです。他人に聞くと、自分だけでは思い浮かばなかったアドバイスをもらえる可能性がありますよ。