レンズ選びはピントの位置を意識して

メガネ選びで大切なのは自分に合ったレンズを選ぶことです。しかし仕事用のメガネの場合、単に度が合っているだけでなくピントの位置を意識することが重要になります。近視の人の多くは「遠くがよく見えるメガネ」を選ぶ傾向にあります。ところが仕事中に一番見ている場所はどこかというと、遠くではなく手元のパソコンやスマホですよね。この時、遠くを見るために度の強いレンズを使っていると、パソコン画面などの近い距離にピントが合わせづらくなります。無理してピントを合わせようとした結果、疲れ目や頭痛などを引き起こしてしまうのです。

つまり仕事中にどこをよく見ているか、を意識してレンズを選ぶ必要があるのです。たとえばデスクワーク中心の方は近い位置にピントを合わせやすい中近両用のレンズを選ぶと良いでしょう。ブルーライトをカットするものを選べばさらに目の疲れを軽減できますよ。

見落としがちなフレーム選び

仕事中の疲れ目を改善しようとレンズ選びに気を遣う方は多いと思います。しかし、フレーム選びは意外とおざなりになりがちです。単純に見栄えの点から好みの物を選ぶのも良いですが、より疲労を軽減したいのならばフレーム選びにもこだわりましょう。

まず大事なのが軽さです。これはレンズ、フレーム両方に言えることでしょう。仕事中、長時間かけている物ですからあまり重いと顔周りの筋肉が凝ってしまいます。何より重たいと気が散ってしまいますよね。レンズは機能上の問題で重ためになってしまう場合もありますから、フレームはなるべく軽量のものを選ぶと良いでしょう。また、手元をよく見る方はデザインにも注意しましょう。たとえばレンズを囲むリムです。普段は気にならなくても、細かい作業をしていると視界に入ってきて気になる、という方もいるでしょう。その場合はリムが上半分だけのハーフリムや縁のないリムレスタイプがおすすめです。